エルダースクロールオンライン

MENU

エルダースクロールオンライン 日本語版 | DMM ESO

DMM独占配信が開始されたエルダースクロールオンライン(ESO)の日本語版。 TVCMでは「DMM ESO」と紹介されています。 世界的ヒット作が日本語版になりました。予約開始直後から爆発的人気!購入はこちらから。

ついに配信開始!
公式ページ(DMMサイト)
▼  ▼  ▼
通常版パッケージ

豪華限定版

ダウンロード版


ティザーPV【開発者インタビュー】

開発ディレクターたちの熱い想い

アメリカメリーランド州ハントバレーにあるゼニマックス・オンラインスタジオ。
この広大なオフィスで開発者たちが何を想い、取り組んでいるのか。
これからも進化し続けるエルダースクロールズオンラインに対する熱い想いを、5人の開発者たちが語ってくれた。


<以下、動画より書き起こし>

Matt Firor【ゲームクリエイター】

本作では2つの異なるプレイヤーのグループがターゲットである。
1つは『スカイリム』『オブリビオン』など、シリーズの傑作や過去作を楽しんだ方々、もうひとつは過去15年間の素晴らしいMMOをプレイしてきた方々だ。

本作は全てのプレイヤーにとって最高のゲームになっている。
日本の皆さんに紹介できて興奮してるよ。




Paul Sage【クリエイティブ・ディレクター】

エルダー・スクロールズ・オンラインは、名前のとおりシリーズのオンライン版となる。
開発チームが目指したのは、戦略的でリアルタイムな闘いだ。

没入感の高い世界を作りたかった。
探索したくなる景色が広がっていながらも、優れたソーシャルシステムによって全てがつながっている必要があった。




Nick Konkle【リードゲームプレイデザイナー】

これが今作の戦闘システムだ。
マウスを動かして視点移動や武器の照準を行い、左クリックで攻撃、長押しで強攻撃、右クリックで長押しで防御する。
もちろんダッシュ、しゃがむ、隠密などのアクションも用意されている。




Jared Carr【アートディレクター】

全てのキャラクターは、同時に数百人を画面に表示できるようデザインされた。
カスタマイズオプションも豊富で、自分だけのキャラクターを作成できる。

ドワーフの鎧やデイドラの鎧、エルフの鎧も登場する。
基本的に鎧のタイプやカスタマイズオプションは、シリーズ過去作などで登場したものを全て使用できる。




Brian Wheeler【リードPvPデザイナー】

本作のPvPはシロディールの様々な構造物が登場する。
オブリビオンのシロディールでは広大なスペースがあって、3つの同盟国を戦わせるには理想的な舞台となる帝都を巡り争う時代だ。
この時代に皇帝はおらず、プレイヤーは投石機やカタパルトなど、様々な兵器を駆使して砦や建物、その周辺のリソースを奪い合う。
そして自らが皇帝になるチャンスがそこにある。

重要だったのはPvPを熟練プレイヤーだけでなく、ゲームを始めたばかりのプレイヤーでも楽しめるようにすることだった。
誰もがスムーズにプレイしたいと考えている。
それには互いが対等な条件でなければならない。
例えレベル10でもPvPエリアに入ることが可能だ。
そして素晴らしい体験を味わうことができる。



ついに配信開始!

公式ページ(DMMサイト)
▼  ▼  ▼
通常版パッケージ

豪華限定版

ダウンロード版